読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Effective STL

50項 STL関係のwebサイトに親しもう

STL関係のwebサイトに親しもう SGI STL : https://www.sgi.com/tech/stl/ STLのオンラインリファレンスとして使えます。標準以外のコンポーネントも多数公開しています。STLport : http://www.stlport.org/ デバッグモードを備えたSTLが公開されています。Bo…

49項 STL関連のコンパイラ診断メッセージを理解できるようにしよう

STL関連のコンパイラ診断メッセージを理解できるようにしようSTLのエラーメッセージは、多くのテンプレート引数やイテレータの呼び出しを含むため読みづらくなってしまいます。 その時は、テンプレート引数やイテレータ呼び出しを読み飛ばし、何がエラーを起…

48項 常に必要なヘッダーを#includeしよう

常に必要なヘッダーを#includeしようコンパイラによって、ヘッダファイルのインクルード関係が違うことがあります。 たとえば、Aでは<vector>が<string>を#includしているが、Bだとしていないなどです。なので、必要になるであろうヘッダーをすべて#incl…

47項 書き込み専用コードの作成は避けよう

書き込み専用コードの作成は避けよう STLを使ったコードには多くの関数呼び出しがあるため、複雑なコードになりやすいです。 読みづらい書き込み専用コード(後で読むことを考えていないコード)はコメントをつけるか、分割して読みやすくなるようにします。

46項 アルゴリズムのパラメータとして関数の代わりに関数オブジェクトの使用を考えよう

アルゴリズムのパラメータとして関数の代わりに関数オブジェクトの使用を考えよう

45項 count、find、binary_search、lower_bound、upper_bound、およびequal_rangeの違いを理解しよう

count、find、binary_search、lower_bound、upper_bound、およびequal_rangeの違いを理解しよう

44項 アルゴリズムより同名のメンバ関数を優先して使おう

アルゴリズムより同名のメンバ関数を優先して使おう 連想コンテナのcountやfind、listのremoveなど、アルゴリズムと同名のメンバ関数があるときは、メンバ関数を使うべきです。 理由は、メンバ関数のほうが高速であることと、コンテナとの結びつきが緊密であ…

43項 独自に作成したループよりアルゴリズムの呼び出しを優先して使おう

独自に作成したループよりアルゴリズムの呼び出しを優先して使おう アルゴリズムはループより効率的で、エラーが発生しづらく、単純明快でわかりやすいことが多いです。 なので、独自に作成したループよりアルゴリズムの呼び出しを優先して使うべきです。

42項 less<T>がoperator<を意味することを確認しよう

lessがoperator less<T>は、Tのoperator<を呼び出します。 less<T>の動作を変えると、最小意外性の原則に反するので、動作を変えてはいけません。

41項 ptr_fun、mem_fun、およびmem_fun_refの使用理由を理解しよう

ptr_fun、mem_fun、およびmem_fun_refの使用理由を理解しよう

40項 ファンクタクラスを変換可能にしよう

ファンクタクラスを変換可能にしよう 関数アダプタを使うときには、4つのtypedef(argment_type, first_argment_type, second_argment_type, result_type)が必要です。 ファンクタクラスを関数アダプタに渡すときは、そのクラスをunary_functionかbinary_func…

39項 述語を純粋関数にしよう

述語を純粋関数にしよう

38項 値渡し用のファンクタクラスを設計しよう

値渡し用のファンクタクラスを設計しよう

37項 範囲に関する要約情報を取得するには、accumulateまたはfor_eachを使おう

範囲に関する要約情報を取得するには、accumulateまたはfor_eachを使おう

36項 copy_ifの正しい実装について理解しよう

copy_ifの正しい実装について理解しよう

35項 mismatchまたはlexicographical_compareを使って、大文字小文字を区別しない単純な文字列比較を実装しよう

mismatchまたはlexicographical_compareを使って、大文字小文字を区別しない単純な文字列比較を実装しよう この項のまとめは省略します。

34項 ソート済み範囲を必要とするアルゴリズムに注意しよう

ソート済み範囲を必要とするアルゴリズムに注意しよう

33項 ポインタのコンテナには注意してremove風アルゴリズムを使おう

ポインタのコンテナには注意してremove風アルゴリズムを使おう 生のポインターのコンテナにremove風アルゴリズムを使うと、リソースリークが起こります。 スマートポインタのコンテナを生のポインターのコンテナの代わりに使えば、リソースリークを防げます。

32項 本当に削除したい場合は、remove風アルゴリズムのあとにeraseを使おう

本当に削除したい場合は、remove風アルゴリズムのあとにeraseを使おう

31項 ソートの選択肢を知っておこう

ソートの選択肢を知っておこう

30項 出力先範囲の大きさを確認しよう

出力先範囲の大きさを確認しよう

29項 1文字ごとの入力にはistreambuf_iteratorの使用を考えよう

1文字ごとの入力にはistreambuf_iteratorの使用を考えよう

28項 reverse_iteratorの基底iteratorの使い方を理解しよう

reverse_iteratorの基底iteratorの使い方を理解しよう

27項 コンテナのconst_iteratorをiteratorに変換するには、distanceとadvanceを使う

コンテナのconst_iteratorをiteratorに変換するには、distanceとadvanceを使う

26項 const_iterator、reverse_iterator、const_reverse_iteratorよりiteratorを優先的に使おう

const_iterator、reverse_iterator、const_reverse_iteratorよりiteratorを優先的に使おう insertとeraseは常にiteratorを必要とします。必要がない限り、わざわざconst_iteratorやreverse_iterator、const_reverse_iteratorを使う必要はありません。

25項 標準以外のハッシュコンテナに慣れよう

標準以外のハッシュコンテナに慣れよう STLには、ハッシュコンテナがありません。(C++11では、unordered_set, unordered_multiset, unordered_map, unordered_multimapが追加されました。) SGI STLやSTLportにはハッシュコンテナが用意されています。

24項 効率を重視するときは、map::operator[]とmap::insertの選択に注意しよう

効率を重視するときは、map::operator[]とmap::insertの選択に注意しよう

23項 連想コンテナをソート済みvectorに置き換えることを考えよう

連想コンテナをソート済みvectorに置き換えることを考えようソート済みvectorが連想コンテナより優れている点は、メモリ使用量が少ないことと参照の空間的局所性が高いことです。 欠点は、常にvectorをソート済みにしておかなくてはならないということです。…

22項 setとmultisetのキーのインプレース変更を避けよう

setとmultisetのキーのインプレース変更を避けよう

21項 等しい値に対して比較関数が常にfalseを返すようにしよう

等しい値に対して比較関数が常にfalseを返すようにしよう

20項 ポインタの連想コンテナに対する比較の種類を指定しよう

ポインタの連想コンテナに対する比較の種類を指定しよう

19項 等価と等値の違いを理解しよう

等価と等値の違いを理解しよう

18項 vector<bool>は使わないようにしよう

vector<bool>は使わないようにしよう

17項 余分な容量を取り除くには、swap技法を使おう

余分な容量を取り除くには、swap技法を使おう 余分な容量(コンテナが確保しているメモリ容量)を取り除くには、下のように書きます。 vector<type>(v).swap(v); まず、"vector(v)"でvectorの一時オブジェクトを作成します。 このコピーコンストラクタで作られた一時</type>…

16項 vectorとstringのデータをレガシーAPIに渡す方法を学ぼう

vectorとstringのデータをレガシーAPIに渡す方法を学ぼう

15項 stringの実装の違いに注意しよう

stringの実装の違いに注意しよう stringの実装は、処理系ごとに異なります。参照カウントの有無やstringオブジェクトの大きさの違いなどです。 charの配列よりstringを使うべきですが、高いパフォーマンスが要求される場合は、stringの実装にも目を向ける必…

14項 reserveを使って不必要な割り当てを避けよう

reserveを使って不必要な割り当てを避けよう

13項 動的に割り当てられる配列よりvectorとstringを優先して使おう

動的に割り当てられる配列よりvectorとstringを優先して使おう

12項 STLコンテナのスレッドセーフティに関して現実的な見込みを持とう

STLコンテナのスレッドセーフティに関して現実的な見込みを持とう STLは完全なスレッドセーフではないので、セーフティにするには自分で制御する必要があります。

11項 カスタムアロケータの正しい使い方を理解しよう

カスタムアロケータの正しい使い方を理解しようカスタムアロケータは、コンテナが要素を確保する方法を定義します。 領域確保時、NULLを返したり例外を発生させるなどした時の対策をしておく必要があります。

10項 アロケータの規則と制限に注意しよう

アロケータの規則と制限に注意しよう カスタムアロケータを作るときの注意点です。

09項 消去オプションは注意して選択しよう

消去オプションは注意して選択しよう

08項 auto_ptr型のコンテナを作成することはやめよう

auto_ptr型のコンテナを作成することはやめよう

07項 newしたポインタのコンテナを使うときは、必ずポインタをdeleteした後にコンテナを破棄しよう

newしたポインタのコンテナを使うときは、必ずポインタをdeleteした後にコンテナを破棄しよう

06項 C++で最も奇妙な解析に注意しよう

C++で最も奇妙な解析に注意しよう

05項 単一要素メンバ関数より範囲メンバ関数を使おう

単一要素メンバ関数より範囲メンバ関数を使おう

04項 size()で0を調べる代わりにemptyを呼びだそう

size()で0を調べる代わりにemptyを呼びだそう一部の実装では、listのsizeが線形時間の処理になっているそうです。 なので、コンテナが空であるかどうかを調べるにはemptyを使うようにします。

03項 コンテナのオブジェクトを正しく効率的にコピーしよう

コンテナのオブジェクトを正しく効率的にコピーしよう コンテナにオブジェクトを追加するとき、オブジェクトのコピーが発生します。 コピーにはコストがかかりますし、基本クラスのコンテナに派生クラスのオブジェクトをコピーすると派生部分が切り落とされ…

02項 コンテナに依存しないコードという幻想に注意しよう

コンテナに依存しないコードという幻想に注意しよう

01項 コンテナは注意して選択しよう

コンテナは注意して選択しようタイトルがすべて、目的にあったコンテナを選ぶべきです。参考書籍Effective STL―STLを効果的に使いこなす50の鉄則作者: スコットメイヤーズ,Scott Meyers,細谷昭出版社/メーカー: ピアソンエデュケーション発売日: 2002/01メデ…